旅行のメリットと魅力

旅行の時に乗りたいのは英語力堪能なパイロットが操縦する飛行機

旅行のメリットと魅力 客室乗務員、CAになるためには英語力が必要とされています。国内線のフライトであれば日本語だけでも良いですが国際線のフライトとなると多くの外国人が乗ります。英語は世界の共通語として認識されているため最低英語が話せることが条件になります。もちろん英語以外の言葉が話せればそれぞれの国の人とコミュニケーションができるので仕事上は役立ちます。

パイロットはと言えばやはり英語が必要です。世界の各空港の管制塔との連絡を取るときには英語で行われます。海外旅行に行くときに飛行機を利用するならできるだけ英語力の堪能なパイロットが操縦するものに乗りたいです。しかし実際はパイロットを選ぶことができません。英語力が堪能となると英語を母国語としている国の航空会社なら安心できるといえます。

管制塔との連絡は英語で行われるのは世界共通のことです。ですから日本人のパイロットが日本の空港の管制塔とやり取りをするのも英語です。ただし国によっては英語コミュニケーションがいまいちな人がパイロットになることもあるようです。管制塔とのやり取りがうまくいかずトラブルになることもあるようです。パイロットを選ぶことは出来ませんが航空会社は選ぶことができます。
Copyright (C)2019旅行のメリットと魅力.All rights reserved.